2,249,910
投稿記事に関する禁止事項(下記参照)に反した場合、
内容如何によって管理人の判断で掲載をストップする場合もあります。
(下記内容に反した場合、管理者判断により、IPアドレスの収集を行い、当局に通報致します。)

(1)個人的な誹謗中傷・公序良俗に反する言動・運営を妨害するような言動や行為はご遠慮願います。
(2)チーム・選手・個人等に対する誹謗・中傷・名誉棄損等(差別発言等含む)に類する投稿はしないこと。
(3)第3者が観て不快感を感じるような投稿はしないこと。
(4)荒らし依頼・ブラクラの張付け等第3者に迷惑がかかる行為
  アダルト広告・勧誘・悪質な掲示板宣伝などのアドレス等張りつけ
  煽り・煽りに対する返答・叩き・等などの行為。


おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
H  P
添付File [留意事項]
削除キー (記事の削除用。英数字で8文字以内)
クッキー情報を保存
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]   
 

[1943] 無題 投稿者:ひまり  投稿日:2016/12/11(日) 09:53 [返信]  

すいません…
写真載っけていませんでした!
お気に入りの写真です↓

1943.jpg


[1942] 1年間を終えて 投稿者:内海愛菜  投稿日:2016/12/11(日) 07:04 [返信]  

私はこの1年間で本当にたくさんのことを学びました。ここで野球をやらせていただいている感謝の気持ち、指導者の方や保護者の方への礼儀、技術など数えきれない程あります。
でも、なにより私が感じたのは野球の楽しさでした。同じ女の子と野球ができ、硬球で野球をやることによって肩を強くすることや力をつけてボールを打って飛ばすことなど課題ができました。その課題を一緒に乗り越えて行けることが私にとって1番印象に残り楽しかったです。
しかしまだ、やるべき事がたくさんあるので一つ一つやっていきたいです。

一戦一戦全力でやり、一つでも多く勝てるように日々努力をしていきます。

これからもご指導よろしくお願いします。


[1941] 無題 投稿者:小宮春菜  投稿日:2016/12/10(土) 18:12 [返信]  

お気に入りの写真

1941.jpg


[1940] 印象に残った試合と今後の課題。 投稿者:梨由彩  投稿日:2016/12/10(土) 00:20 [返信]  

この1年間、U-15でモンスターレディースに延長の末、8対2で負けたあの悔しさを忘れずに練習を行ってきました。U-15のときは相手に技術の差、メンタルの面で負けていたと思います。
この試合、私はツーアウト満塁からマウンドに上がり、ツーストライクまで追い込んだのに、最後に力がはいってしまい結局押し出しで一点あげてしまいました。
あの場面で押し出しをしてはいけなかったと後悔していました。
また、ランナー1.2塁でサード線のバントの処理。
サードで殺せたのに、自分のところに飛んで来たらどういうプレーをするかということがはっきり頭に入っておらず、ランナーを三塁に進めてしまいました。自分のミスで相手に点をあげてしまい悔しさでいっぱいでした。
その後、次はモンスターに絶対勝つ。と心に決め、一生懸命練習に励みました。そして、U-16のモンスター戦。ついにリベンジする時がきました。私は先発でピッチャーを任され、絶対にU-15と同じ失敗を繰り返さず、一点もあげない。という気持ちで投げていました。最初は力が入ってしまい、フォアボールを出してしまうなど、自分でピンチを作ってしまいましたが、抑えてやる。という強い気持ちで投げ、六回まで無失点と自分では満足のいくピッチングができました。しかし、七回表で交代。
0点で抑えていながらも、球数も多く、自分の体力のなさからの交代にとても悔しい思いでいっぱいでした。
結果的にリベンジを果たすことはできませんでしたが、自分の中では納得のいくピッチングができ、また体力強化の課題が残った試合でした。
これからは今まで以上に走り込みや、体幹、握力をつけ、必ずモンスターにリベンジしたいと思います。
そしてその先の優勝目指して更に練習に励みたいと思いますのでご指導よろしくお願いします。




[1939] 今の自分に足りないこと 投稿者:小山内こころ  投稿日:2016/12/09(金) 22:47 [返信]  

今年一年間を通して私が感じたことは、自分の力の無さです。昨年私は肘に怪我をしてしまい、練習に参加出来ない日がたくさんありました。そこで今年は去年の分も取り戻そうと練習を全力で頑張りましたが、全試合に出場数することはできませんでした。思っていたような結果も残すことが出来ませんでした。

私が出場した試合の中でも一番心に残っているものはU-16のモンスターレディース戦です。 ヴィーナスリーグでは勝つことができず凄く悔しい思いをしました。なのでこのU-16ではリベンジとして試合に臨みました。
練習の成果を発揮できるチャンスだったのに、この試合で私は結果を残せず終わってしまいました。試合に出れなかった仲間の分まで力を出し切っていかなければいけないと思っていたのですが、私はとても悔しかったです。
ですが、この試合を通して今の自分にとって足りないことは何かを知ることができたような気がします。

来年は自分の課題をひとつひとつクリアしていきリベンジはもちろん、多くの大会で良い成績を残していけるようにチーム一丸となって頑張りたいです。

保護者の方々、いつも応援サポートありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
指導者の方々これからもご指導よろしくお願いします。


[1938] 2016年を終えて... 投稿者:小串姫奈  投稿日:2016/12/09(金) 22:34 [返信]  

私がこの1年で心に残ったのは、ヴィーナスリーグです。昨年のリベンジでモンスター戦がやってきました。
私はサードをやらせていただきました。公式戦で久しぶりにサードを出させていただいてすごく緊張しました。サードに何回かボールが来て全てアウトにできたのは良かったです!私は最終回レフトを守りました。わたしは指導者たちの指示を待っていて指示がないまま守っていました、そしたら、レフト線に打たれてしまいました。私がもつと自分で考えて動いていればアウトにできたの思いました。すごく後悔してます。
あと、私はピッチャーでマウンドに、立つことが出来ませんでした。それはまだ、自分の実力がないんだなと思いました。なので、これからのトレーニングをサボらず試合で認められるピッチャーになりたいです!
バッティングでは自分の好きなボールを打つことが出来ず、打った時もフライや内野ゴロでした。
もっと打てるように素振りを今まで以上にやっていきたいです。そして、指導者達から教わった打ち方をちゃんとやっていきたいです。

来年は15期みんなで決めた感謝・礼儀・全力を絶対忘れずにこれからの練習を頑張っていきたいです。

これからも、ご指導よろしくお願いします!


[1936] 2年生になって学んだ事 投稿者:松本理歩  投稿日:2016/12/09(金) 21:46 [返信]  

2年生になって私は、2年の中のキャプテンをやってきました。
初めは、先頭に立って挨拶をするぐらいでしょ。っていう舐めた考えでいました。
愛知の大会でボロ負けをし、反省会をしている時に初めて、人に頼りすぎている自分。指示した気になってる自分。周りを見れていない自分。にはついてこないんだって分かりました。
そして、キャプテンとしてチームの真ん中にいる自分が、チームを壊しているんだ。という事に気づきました。

キャプテンとしてだけじゃなくて、一番バッターとしては、出塁率が少なく。ストライクを見逃すことが多かった。
とても悔しい思いをしたモンスター戦でも、チャンスで打つことができなかった。
ストライクを見逃すと余裕がなくなって、焦っていっての繰り返しでした。
それは、守備にも繋がって、打球がくると焦ってしまう。ちゃんと捕球しても、悪送球しないように…と腕がふれない。ミスをすると下を向いてしまい、焦りで周りが見えなくなる。の繰り返しでした。

来年は、頼れるキャプテンとして周りを見れるように!
守備も打撃も走塁もレベルアップできるように!
すべての事に全力で取り組んでいこうと思いました。
また、道具を大事にする事。
支えてくれてる人に感謝する事。
挨拶をしっかり、大きな声でする事。
2年のみんなで話し合って決めた、『礼儀、感謝、全力』を忘れずに、これからの一日一日を過ごそうと思います。

お母さんやお父さん、サポートしてくれる方々、これからも応援よろしくお願いします。
指導者の方々、これからもご指導よろしくお願いします。


[1935] 今年を振り返って 投稿者:布施りん  投稿日:2016/12/09(金) 21:40 [返信]  

2016年を振り返って、私は、とても、いい経験が出来た1年間でした。

例えば、私は、1年生の時に、レフトだけを守っていたが、2年生になったら、ファーストを守れるようになど、色々なポジションが守れるようになったところです。

また、今年の抱負は、試合でヒットを必ず打つ。
と言う目標でした。
しかし、実際は、ヒットを打ててなく、とても、悔しい思いや、自分の実力が分かった1年生となりました。

2017年では、3年生になり、メインとなるので、悔いの残らない1年にできるように、日頃の練習を精一杯頑張ります。

また、守備では、内野も外野も、どっちも上手くなれるように、土、日の練習だけでなく、平日は、壁あてなども頑張ります。

これからも、ご指導よろしくお願い致します。


[1934] 一生忘れられない3年間 投稿者:ひまり  投稿日:2016/12/09(金) 21:22 [返信]  

1年生の頃から、私たちは今までで最弱と言われ続けてきました。
練習ではいつも怒られて、苦しいトレーニングに耐えて、練習が終われば先輩方に呼び出されて…この頃は毎日毎日とても疲れて、辛い日が多かった気がします。でも、今ではこの1年間がとても大切でありがたいものだったなと感じています。先輩方がとても憧れで、上手い先輩を見る度にこんな選手になりたい!と毎回思ってまいました。礼儀なども徹底されていて、挨拶の大切さ、言葉遣いなどをよく教えてもらい、吸収することが沢山あった1年だったと思います。

2年生では、やっと自分たちが硬式を使って試合を多くやらせてもらうようになり、とてもこの学年で試合をすることが楽しかったという感覚が強かったです。試合中に怒られたりもしましたが、それでも楽しくて楽しくて、練習でもひらすら球を追いかけていたような気がします。
また、新1年生が入団し、まとめることの難しさ等をとても実感させられた1年でした。

私にとってのラスト一年は1、2年で過ごしたニ年間と比べても本当にあっという間に感じました。
個人的には、沢山楽しい思いをさせて頂き、その分三年間の中で一番つらい思いをしていた気がします。
みんなで笑って楽しく野球をしていた時もあれば、みんなと悔し涙を流したこともありました。野球をしているのが苦しくて苦しくてたまらない時もありました。
しかし、そんな時には必ず仲間のみんなが側にいてくれていた気がします。時には一緒にふざけ合って、時にはお互いに厳しくし合って、一緒に何度も困難に立ち向かった仲間のことが私は忘れられないと思います。
仲間といると一人一人の抱えているものをみんなで共有することはとても大切で重要なことだと改めて感じさせられます。感謝の気持ちでいっぱいです。

このチームに三年間いたことで、本当に沢山のことを得られたと確信しています。
野球のスキルはもちろん、生活面でも挨拶や礼儀、副キャプテンを努めさせていただき、周りへの気配り、大人との接し方等、沢山の経験をさせて頂きました。
このチームで教わったことは必ず大人になった時に活きてくると感じています。
沢山のことを学ばせてくれた指導者の皆さん、三年間私たちのために尽くしてくれた保護者の皆さん、本当に感謝しています。ありがとうございました!


1.2年生へ
これからはみんなが主軸になると思うから頑張ってね!
いっぱい優勝してね!
2年生は最高学年。ラスト一年本当にあっという間だから後悔だけはしないように毎日一生懸命取り組みなね!
1年生はとにかく来年入ってくる新1年生の面倒をしっかり見れるように自分たちが率先して動くようにしなね!応援してる!
あとみんな仲間を大切に☆

3年生へ
本当に3年間この仲間と野球やってこれてよかったなぁ〜って思ってる!
この3年間は一生で一番忘れられないと思う!みんなは高校でも野球を続けるから、いっぱい活躍してね!高校3年生ラストの夏大は絶対にみんなに会いに行くから、体おっきくして待っててね♡
本当にありがとう!そして、これからも絶対に繋がってようね!


今は、自分の将来のために一生懸命努力していけたらいいなと思っています。
いつも私が安心して戻れるような環境をつくっていただき本当にありがとうございます。いい報告ができるように頑張ります!



[1933] 今年を振り返って、来年に向けて 投稿者:菅原 桃花  投稿日:2016/12/09(金) 21:10 [返信]  

ヴィーナスリーグで、勝ち切れなかったモンスター戦。
Uー16では、リベンジをして勝つのに私は、練習態度や日頃の行動を改めました。
そして、モンスター戦がやってきました。
リベンジの試合で、出場できませんでした。
まだまだ、自分の実力がないと実感しました。その試合では、いつ出番がくるかわからないのでキャッチボールや素振りをしていつでも出れる準備をしていました。
だが、最後まで試合に出場はできませんでした。試合に負け試合に出場できなかった悔しさで、涙が出てきました。
その日から野球ノートを書き始めました。練習で言われたことなど書き始めました。
学校から帰ってきたら、
長距離を走るの・坂ダッシュ・シャドウを始めました。
いつでも、自分の力が全部出せるようにしてきました。

ピッチャーは、走ってからピッチングをしたほうがいい。コーチから教えていただきました。人は疲れてくると楽をしたがる。
どれだけ、楽に投げれるかがピッチングでわかることが知ることができました。
私は、投げる時に軸が真っ直ぐになっていません。真っ直ぐにするのにするには足を上げてから下を見て自分のつま先が見えなかったら軸が曲がっている。見えたら軸が真っ直ぐになっている。と言うことも教えていただきました。次の日から軸を意識して、投げ始めました。少しずつでも、なおしていきたいと思います。全力投球をしていきたいです。

今年決めた、全力・礼儀・感謝を忘れずに日々努力していきたいと思います。
元気にプレーをして、エラーしても最後まで諦めずに一つのボールを追いかけていきたいと思います。
道具の一つ一つを大切にしていきます。

キャッチボールやトスの一球一球を大切にしていきたいです。練習態度を改めていきたいと思います。これからも、日々努力をして、
一つでも多くの試合に勝ち、多くの大会でいい成績を残せるようにチームが一つになって戦っていきたいと思います。

保護者の方々、いつも支えていただきありがとうございます。支えてもらえてることを忘れずに練習に取り組んでいきます。

指導者の方々これからも、御指導よろしくお願い致します。


[1932] 悔いの残った1年間。 投稿者:藤野由有  投稿日:2016/12/09(金) 20:59 [返信]  

悔いの残った1年間。


この1年間は本当に悔しい1年間でした。
なにより1番悔しかったことは、モンスター戦に出場できなかったことです。
ヴィーナスリーグで対戦した時私は主に3塁コーチャーをつとめました。
延長戦となり、集中力が持たなかったことが敗因だと思いました。
Uー16でもう1度モンスターと戦えるとわかった時、私は守備がダメダメでした。
速いゴロを怖いと思いよけて後ろにそらす。このプレーを練習で何度も繰り返してしまいました。
分かっていても、なおせない。どんどん、モチベーションが下がっていきました。
そんな中迎えた2度目のモンスター戦。
先制をしたのは京急。点を取りホッとして油断しているうちにモンスターの4番矢追さんにサヨナラ打を打たれてしまいました。
試合後のミーティングでは皆涙を流し、それぞれの想いが溢れました。
何より私は試合に出られなかったことが1番悔しいです。
来年は、守備、打撃、走塁全てにおいて今年より成長できるように。
たくさんの試合に出られるように練習の時から思い切ったプレーでチームを盛り上げていきたいと思いました。
野球のことだけでなく、精神面や生活態度、礼儀。全てを見直し、悔いの残らないよう1からやり直していきたいです。

自分が野球を続けられていることに感謝し、少しでも上手くなれるよう努力していきます。
指導者の方々これからもご指導よろしくお願いします。


[1931] 一年間を終えて 投稿者:須田歩美  投稿日:2016/12/09(金) 20:57 [返信]  

一年間を終えて私は、最後まで諦めずにボールまでダッシュで行くということと、一歩目を大事にするということが大事だとわかりました。

縦ノックでは、先輩のボールまでのダッシュや、と取った後の送球などを参考にし、練習しました。

試合形式でのノックでは、どこに飛んでくるかを考え、一歩目を意識していきました。

練習して行くなかで、改善点はまだまだあるので、しっかりと意識して練習していきたいと思います。
これからも、たくさんのご指導よろしくお願いします。


[1930] 2016年を振り返って 投稿者:丹山萌乃  投稿日:2016/12/09(金) 20:55 [返信]  

2016年を振り返って…

私は2年生になり去年自分が持ってる全ての力を出し切ることができなかったが今年は全ての力を出し切ることができたと自分は思います。
また、去年に比べ色々と成長することが出来ました。1番は「全力プレー」です。自分がランナーの時に先の塁に行こうという積極的な姿勢が増えた。守備ではどんなに難しい球でも最後まで諦めずにくらいつき最終的に取れなくても飛び込んで取ろうという意識が高くなった。バッティングでは2番バッターとしての役割を自分のなかでは充分に発揮することができたと思います。

ですが、今年1年間悔しい思いをたくさんしました。それは、モンスター戦です。2度対戦があったものどちらも勝利することが出来なかった。どちらの試合もとても、近差で緊迫した試合でした。集中力、粘り強さが問われた試合でその集中力が最後に途切れてしまったのと粘り強さが足りなかったのだと自分たち自信思いました。
またモンスター戦では同じことを2度やってしまいました。それはセンター、ライト、セカンドの間に落ちるぽてんです「おっけーい」と声を出せばいいのにどうしても出せない1回ミスしたことを繰り返してしまったところがすごく悔しく心に残ってしまっています。
来年は今年よりももっと成長できるように日々の練習やトレーニングなど手を抜かず真剣にやっていき1回でも多く試合に出れるように頑張りたいです。また、野球面だけでなく、礼儀もしっかりしていきます。そして、なにより感謝の気持ちを忘れずにこれからもやっていきたいです。
これからもご指導よろしくお願い致します。



[1929] 自分の課題 投稿者:黒澤英  投稿日:2016/12/09(金) 20:54 [返信]  

私は2年生になり肘を壊し長期離脱をしましたが試合に出れない分みんなのサポートや家での自主トレ、京急でやるトレーニングなど全力でやりました。
ですが、何ヶ月が投げれないと言うだけでたまのキレは落ち球も遅くなりモンスター戦では自分の満足いく球が投げれませんでした。
モンスター戦で自分の出せる全ての力をだしましたが、現実は変わらず前と同じような球は投げれませんでした。今はもう治りたくさん投げていますが自分ではあまり満足していません。自分が満足出来るような球を投げることが今後の目標だと思っています。
自分が出来ることを全力でやり、保護者の方々、指導者の皆様への感謝や礼儀を忘れず日々努力していきたいと思っています。
そして、公式戦が全ておわり自分の課題やもっともっと伸ばしていける所がたくさん見つかりました。それは、自分だけでなくチームみんなだと思っています。また、公式戦を終えて何より悔しかったのはモンスター戦です。故障明けの初の試合で最終回でマウンドにあがりましたが、打たれ点数を入れられ負けた試合です。自分では全力を出し切りましたが、結果に出ていない以上意味がないと思うので、誰にも負けないと言う強い気持ちを持ちまたモンスターにリベンジしたいと思います。次は絶対勝ちます!
これからもご指導の方よろしくお願いします。


[1928] 無題 投稿者:小宮春菜  投稿日:2016/12/09(金) 20:53 [返信]  

京急生活を終えて…

キャプテンという経験をして。。。
この1年間はキャプテンという役割についたため、1、2年の時とは違った京急生活を送ることができました。
自分自身で考えてみると、キャプテンという自覚を持って1年間できたかって言われるとできなかったことが本当に多くて、的確な指示ができないときには副キャプテンを中心にいつも助けてもらって、周りのみんながいてくれたからこそ最後までやり切れたと思います。今回、このような貴重な経験をして学んだことや反省点はたくさんあるのでそれらを次のステージで生かせるよう自分の短所をしっかり理解して頑張りたいと思います!

3年間の試合、練習を振り返って。。。
私たち14期生は一年生の頃からあまり勝てなかったり、ミスが多くていつも怒られてばかりでした。ですが、2年の北多摩春季大会で優勝してから自分たちの課題をしっかり考えて練習できるようになり自分たちの試合ができることがとても多くなりました。優勝というタイトルは北多摩でしか取れなかったけれどいい結果を残すことができ本当に良かったと思います。
最後の試合はくじで本当に悔しかったけれどとてもいい経験です!
悔しかった試合も、とても嬉しかった試合もどれも大切な思い出で大切な経験になりました!

これからは、京急で学んだことや経験を生かしたり自分の長所を生かせる選手になりたいと思います!
また、オール京急の名に恥じないプレー、行動ができ、こんな先輩がオール京急にいるんだ!と驚かれるような選手になりたいと思います!

3年生へ
3年間本当にありがとう!
キャプテンとして全然役割を果たせなくて迷惑ばっかかけてたけど毎回助けてくれて本当にありがとう!
これからはライバルになって試合で当たると思うけど、それでもいつまでも仲間だと思ってるよ!これからもお互い頑張ろう!

監督、総監督、コーチの方々本当にありがとうございました。
私の弱点である肩についてや様々なことについての指導をしていただきありがとうございました!これからは別のステージで活躍しますのでこれからもよろしくお願いいたします!

保護者の皆さん。3年間ありがとうございました!私がここまで成長できたのは皆様のおかげだと思います!
この感謝の気持ちを忘れずに高校でも頑張って行きますので、これからも応援よろしくお願い致します!


[1927] 1年間の大会を通して…今の課題 投稿者:片山夕渚  投稿日:2016/12/09(金) 20:51 [返信]  

この一年を通して、去年よりも本格的に自分達の学年だけで戦うことが増えて大変なことが多かったと思います。大会で入賞することができず、悔しい思いをたくさんしました。特に大会の多かった夏。平塚では2回戦敗退でスルガに大差で負けてしまいました。わたしは途中出場で前の日の1回戦でいい結果が出せずスルガ戦でスタメン落ちしたんだと思います。チャンスで打てる選手になりたいです。
わたしが悔しいと思った大会は名古屋の軟式の大会です。今までの過去の先輩たちは軟式の大会でも入賞に絡んでいたのに対し、初戦敗退と悔しい結果に終わってしまいました。わたしはチームを盛り上げようと声を出したり守備位置までダッシュで行ったり些細なことにも気を付けていました。しかしそれだけではチームの勝利に繋がりませんでした。その時の私たちにはチームワークが足りていなかったと思います。ピッチャーへの声掛けなどチームメイトを思いやることで勝利へ繋がると実感できました。
そして最近では、モンスターに負けてしまったことが一番悔しいです。このとき私はライトを守っていました。ボールは1球も飛んできませんでしたが、途中で集中力に欠けていたと思います。集中力を高めるために常日頃から学校の授業にしろ集中して、少しでも集中力を上げようとしています。そして、バッティングはツーストライクから粘ったり、フォアボールを選んだりとできましたが、最後の攻撃の先頭打者で塁に出ることができませんでした。もっと大事な部分で打てるように、やはり集中力とメンタル面を磨こうと思います。
これらの大会を通して今の課題は、自分のスイングを打席でできるようにするのと、守備で前の球、後ろの球に食らいつけるようにしたいです。

これからも御指導やサポートよろしくお願いします。




[1925] チームケミストリーとは 投稿者:八重尾華雅  投稿日:2016/09/13(火) 18:38 [返信]  

チームケミストリーとは、、

例えば、野球は4番のような長打力のある選手が9人いたところで絶対に勝てるという訳ではありません。
目標に心を一つにした時、チームの力は何倍にもなると思います。
その状態をどうつくるかに醍醐味があると思います。
チームの中にそれぞれ違う自分の特技を持っている選手が集まり、どこか欠けているところがあればみんなでそこを補えば初めて勝てるのだと思います。
これからの試合や練習は自分1人で何でもやろうとするのではなく、みんなで協力して最後にみんなで笑えるようにする……

これが私の今思うチームケミストリーです。


[1924] チームケミストリーについて 投稿者:石渡史歩華  投稿日:2016/09/13(火) 07:30 [返信]  

チームケミストリーについて
私は、チームケミストリーはチームワークに近いと思います。
チームのみんなが一丸となってプレーすることで、チームケミストリーが生まれるのかなと思います。
野球は強い人だけを集めて戦っても意味がないと思います。小技が上手い人ばんばん打てる人その他色々攻撃なら沢山役割があると思います。自分は何が向いているのか考えながらチームのためにこれからも頑張っていきます。


[1923] 無題 投稿者:小山内こころ  投稿日:2016/09/12(月) 23:07 [返信]  

チームケミストリー
人との相性の意味。
チームワークや信頼関係などによってプラスaの価値が生じること。
また、その結束力のこと。


この意味を知り私は、1人でしている事にもう1人、またもう1人。
というように繋がっていき、今以上の力を発揮することができる。
と、思いました。
なので、これからの試合、練習でもチームケミストリーを意識していきたいと思います。


[1922] 無題 投稿者:真夕奈  投稿日:2016/09/12(月) 18:53 [返信]  


チームケミストリーとは、その集団の熟成度·成熟度と
表現するのがちかい。

ケミストリー=「化学」
1人1人が連携し、いわば「化学反応」をおこし、
1+1が2以上の効果を出す。という意味で使われている。
→チームワークという事にもちかい。

1人しか頑張らないのではなく、1人が頑張っていたら
それを見た周りが連携しそのチーム以上の力をだせるように、以後の残りわずかな大会に取り組んでいきたい。


[1921] 無題 投稿者:松本彩花  投稿日:2016/09/12(月) 17:10 [返信]  

ケミストリーとは、チームワークや、信頼関係の事だと思います。

野球は、大勢でやるスポーツなのでチームワークなどを高めることで勝利する第一歩だと思います。

これからの練習は一人一人が全力をだしてからこそがチームワークが高まると思います。ただし一人が全力を出さないと自分の為にもならないしチームの為にもならないので一つ一つ全力でやることが大切だと考えます。


[1920] 無題 投稿者:ひまり  投稿日:2016/09/12(月) 16:35 [返信]  

個々の能力以上にチーム力を高めていけるか。
これがチームケミストリーの重要なポイントだと思います。

どんなチームも全員が長打力のある選手、全員が足の速い選手などが揃っている訳ではありません。
もちろん、全てに至ってプロフェッショナルな選手がいるかもしれません。
ただ、チーム全員がというのはありえないことで、その選手を中心に、いかにチームがまとまるか、縁の下の力持ちの役割をどれだけの人が率先してできるかがとても重要なことだと思います。


[1919] 無題 投稿者:黒澤英  投稿日:2016/09/12(月) 13:19 [返信]  

チームの絆・団結心・メンバー間の心理的結び付き主に団体スポーツ。

「試合でのチームのパフォーマンスを向上させる要素」というニュアンスで使われることが多い。

一人一人の力が団結し大きな力に変わるという事は凄く大切だと思いました。

一人では、野球は出来ないし相手がいなくても試合ができません。

辛い練習を乗り越えられるのもみんなで一緒にやっているから。

負けている試合を逆転勝利するのもみんなの力が1つになるからだとおもいました。

なので、U-16に向けて精一杯練習を頑張りみんなで一つになり団結していきたいと思います。




[1917] 無題 投稿者:石原かほ  投稿日:2016/09/10(土) 09:07 [返信]  

私はチームケミストリーをチームワークみたいなものだと思っています。どっちも一人一人が上手くてもダメだからです。野球は一人でやる競技ではありません!だから私達は一人一人の力も大事ですからそれよりも仲間との絆やチームワークをよくしていきたいと思っています!


[1916] 無題 投稿者:梨由彩  投稿日:2016/09/09(金) 23:16 [返信]  

チームケミストリーとは。

一人一人の能力を足した以上の力を発揮する現象のこと。

それぞれ違う能力を持っている人達が、勝利や優勝という同じ目標を持った時、自分を犠牲にしてもそれぞれの役割を果たせるかどうか。
それができるチームは勝利を引き寄せることが出来ると思います。
いくら能力が高い選手が集まっていても、個人プレーに走ったのではチームケミストリーは生まれません。
今私は体育祭でリレーの練習をしていますが、速い人も、走るのが苦手な人もいます。
でも、苦手な人をフォローするためにみんなで走る順番やバトンの渡し方などを真剣に話し合い、絶対勝つという目標に向かって練習しています。
リレーはお互いを信頼しなければバトンの受け渡しもうまくいきません。
野球も同じで、常に一人一人が全力を出し切り、周りをフォローし、お互いを信頼し合えるチームが強いチームだと思います。


[1915] 無題 投稿者:神保萌  投稿日:2016/09/09(金) 22:53 [返信]  

チームケミストーリーとは一人一人の個性を生かしチームが成り立つと思います。
そのためにはお互いの個性や性格、気持ちを知らなくてはいけないと思います。
試合でも一人一人の個性を生かしながらプレーをしていくと思います。


[1914] 無題 投稿者:高桑 涼  投稿日:2016/09/09(金) 22:31 [返信]  

チームケミストリーとは、チームワークだと思います。
チームの一人一人が協力しあったり刺激しあったりする事で一人一人が意識を持っていけると思います。その上で全力でプレーをすれば勝利に繋がると思います。なので、ピンチになったときでも必ず巻き戻せるチームワークにするためにこれからもチームケミストリーに目を向けていきたいです。


[1913] 無題 投稿者:布施りん  投稿日:2016/09/09(金) 22:00 [返信]  

チームケミストリーとは
例えば、私は陸上部です。
陸上は個人競技です。
ですが、個人競技でもチームケミストリーは生まれると思います。

なぜなら、1人1人が互いに刺激しあって、タイムを伸ばしたり、良い記録を出したりして、個々の能力が上がると同時に、刺激しあった仲間と喜びが分かち合えることによりチーム力が出来、チームケミストリーが起こると思うからです。
また、野球でも、自分が辛かった時には周りの仲間が助けてくれたり、仲間が辛い思いをしていたら声を出したりして助けて上げて、チームケミストリーを生み出せると思います。


[1911] 無題 投稿者:小宮春菜  投稿日:2016/09/09(金) 16:09 [返信]  

チームケミストリーとは
調べるとチーム内の相乗効果でより高い能力を発揮出来る状態に覚醒する事だそうです。
解りにくいので私なりに理解してみました。
ケミストリーは化学反応のことで、化学反応は数種類の物質から全く別のものができることです。
しかしスポーツでは化学反応の様に、個人能力が全くの別物に変化して技術、パワー、スピードが上がり150%や200%の能力を発揮し強いチームに生まれ変われるわけではありません。
スポーツは、練習以上のものは発揮できないからです。
パワーが欲しければ、毎日の筋トレで、技術は練習で目的意識を持って1球1球うける事で、スピードは練習での反応速度の意識で、これらでしか身に付きません。
チームケミストリーとは、それまでに個人が練習で身に付けた能力を100%発揮出来る環境をチームで作り出し、全員が100%の力を発揮する事が出来た時それが組織の化学変化、チームケミストリーだと私は思います。
私は、すべての試合でその時の能力を100%出せていなかったと思います。
もし、チームケミストリーを起こして全力で試合をしていれば結果は違ったかも知れません。
私は、今年のビーナスのハマンジジュニア戦である経験をしました。
勝てるだろうという場面で、ミスが出て逆転されてしまいチームは暗く悪いムードでした。私も走塁ミスでアウトに成ったりと、皆がバラバラでした。
最終回に同点に追いつき延長最終回その時私は三塁コーチャーに居ました。この回で得点出来なければ勝つことはできません。そんな厳しい状況の時に、全員が『試合に勝つ』の思いだけで他の事は考えず全力で走って、ヒット1本で5得点し守りをダブルプレーで締めくくって勝利することができました。
わたしは、三塁コーチャーとして集中し過ぎて、三塁審判に『ランナーに近づき過ぎだよ』と注意されてしまうほど試合に気持ちが入り込んでいました。
何がこの変化を与えたのか分かりませんが、皆もそうだったと思います。
確かに延長最終回はチームに化学変化が起きたと思っています。これこそがチームケミストリーだと思います。
その時は偶然起きたチームケミストリーでしたが、意識を持って集中し全力でプレーをしていれば、それを感じた人が変化しまた次の人へ化学反応は進んで行くと思います。
私は、主将として、プレーヤーとして、チームの一員として、チームケミストリーの反応物質に成れる様『集中と全力』でプレーしたいと思います。


[1910] 無題 投稿者:片山夕渚  投稿日:2016/09/09(金) 12:24 [返信]  

私はチームケミストリーはチームワークに近いことだと思います。
いくら、一人一人が上手くてもそれを引き出し合う仲間がいないとダメだと思います。
さらに、チームワークを作るためにはお互いを認め合うことが一番大事だと思います。例えば、国と国同士が認め合えば平和が生まれます。そして、人同士が認め合えば、信頼関係になれます。まずはお互いをもっと知り、お互いを高め合えるようになることが重要だと思います。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]   
記事No 削除キー

- ClipBoard -
edit : hirayama