2,249,954
投稿記事に関する禁止事項(下記参照)に反した場合、
内容如何によって管理人の判断で掲載をストップする場合もあります。
(下記内容に反した場合、管理者判断により、IPアドレスの収集を行い、当局に通報致します。)

(1)個人的な誹謗中傷・公序良俗に反する言動・運営を妨害するような言動や行為はご遠慮願います。
(2)チーム・選手・個人等に対する誹謗・中傷・名誉棄損等(差別発言等含む)に類する投稿はしないこと。
(3)第3者が観て不快感を感じるような投稿はしないこと。
(4)荒らし依頼・ブラクラの張付け等第3者に迷惑がかかる行為
  アダルト広告・勧誘・悪質な掲示板宣伝などのアドレス等張りつけ
  煽り・煽りに対する返答・叩き・等などの行為。


おなまえ
Eメール
題  名
メッセージ
H  P
添付File [留意事項]
削除キー (記事の削除用。英数字で8文字以内)
クッキー情報を保存
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]   
 

[2005] ひとつのことを続ける 投稿者:八重尾華雅  投稿日:2017/06/13(火) 18:42 [返信]  

遅れてしまいすみません。

ひとつのことを続けるを読んで……

私は野球を始めてから今年で11年目になります。
11年間も野球を続けていると一時、辞めたいと思ったり
他のことをやってみたいと思うこともありました。
ですが今でも野球を続けているのは、野球が好きで{ずっと続けていたい}
という思いがあるからだと思います。
それだけではなく、自分がファインプレーをした時にチームの皆から
『すごい!』など褒めてくれたり、喜んでくれます。
周りの人からも『カッコいいね』や『上手だね』と言ってくれます。
私はこういう周りの人からの声が
自分の自信へと繋がるのだと思いました。
ただ、野球を続けていくのではなく、今の自分に足りないことは何かを考え、考えたことを実行し、自分自身をもっと高められるようにしていこうと思います。


[2004] ひとつのことを続ける 投稿者:菅原 桃花  投稿日:2017/06/13(火) 16:02 [返信]  

1つのことを続ける

中途半端に物事をやったら絶対に最後まで、できないし、中途半端にやったらすぐに諦めちゃうことがある。

やると決めたことは、自分の言葉に責任を持って最後までやり遂げたいと思う。


野球めんでは、絶対に中途半端で終わらせないで1つでも、最後までやり遂げるという気持ちで勝負していきたいと思いました。


勉強めんでも、最初から諦めるのではなく1つだけでも得意な教科をつくりっていきたいと思います。

1つのことを最後までま真剣にやり遂げていきたいと思います。


[2003] 無題 投稿者:笹本美空  投稿日:2017/06/12(月) 21:25 [返信]  

私は1つだけ飛び抜けて上手いものがあるより全ての物が普通に出来ればいいと思っていました。 野球以外の勉強、その他のスポーツも同じで普通に出来ればいいと思ってました。
でもこの話を読んで私だったら守備を極めていきたいです。
絶対に誰にも負けないようにするには野球以前に道具の使い方から野球が出来ることへの感謝の気持ちを忘れずに絶対に諦めずに全力でやっていけば誰にも負けないことが出来ると信じてこれからもがんばっていきたいです。


[2002] ひとつのことを続ける 投稿者:奈良七海  投稿日:2017/06/09(金) 23:20 [返信]  

私は1つの事に夢中になって努力するというよりは、いろんな事を同じくらいのレベルで上達していきたいと考えていました。
野球もそうです。
守備、バッティング、走塁すべてが同じくらいのレベルならバランスが良いのではとずっと思い続けていました
でも「愚直に進んできたヤツには最終的には間違いなく敵わない」とゆうこの文章を読んで、いくら同じくらいのレベルでプレーしていても必ず1つを極めてきた人には負けるとゆうことに気付くことが出来ました。
私の中ではまだどれを極めていくか決めることが出来ません。これから決めてそれを極めていきたいです


[2001] ひとつのことを続ける 投稿者:小澤 風子  投稿日:2017/06/09(金) 18:07 [返信]  

ひとつのことを続けること を読んで

私は自分自身、
最近ひとつの事に集中する事が出来ていないと感じます。
あれもこれもで結局は手を出したものの終わらず、
翌日に引き伸ばす事がおおくなってきました。
中途半端で終わり中途半端から始まるのは自分の為にもならず、
やっている意味が無いと思いました。
この、ひとつのことを続ける を読んで思った事は、
やる事全てに覚悟を持ち、
どれだけ続けられるかが大切だと言う事です。
今の私はやる事全てに覚悟を持ってなく、
今の私は変な風に気持ちを切り替えてしまっています。
これからはしっかりと一つ一つの行動に覚悟を持ち、
やり始めたら最後までやり通す事を意識し、今の自分自身を変えて行きます。


[2000] ひとつのことを続ける 投稿者:梨 由彩  投稿日:2017/06/09(金) 00:43 [返信]  

ひとつのことを続けるを読んで。

私は幼稚園からずっと野球を続けてきました。だから他の事をやってみたいと思う事もあります。
でも、結局は野球がしたい!と思うようになります。それは野球が好きだからです。
ひとつの事を続けようと思うと難しいですが、好きだからこそ、ひとつのことが続けられるんだと思います。
時には、打撃でも守備でも上手くいかず、野球を辞めたいと思ったこともありました。
でも、テレビである有名な職人さんが、失敗を繰り返しながら今の自分がある。と言っているのを聞いて、失敗するからこそ次繰り返さないよう工夫する。失敗することによって得るものもあり、失敗を恐れずにチャレンジしていくことで成長していくのだと思いました。
試合でもただ投げるだけではなく、外角に投げて打たれたから、次は内角に攻めて打ち取る…
など、考えながら投げてアウトにした時は自信につながります。
なので、自分が出来ることを少しずつ磨いていき、将来に繋げて行けたらいいなと思います。


[1999] ひとつのことを続ける 投稿者:森 花楓  投稿日:2017/06/07(水) 22:55 [返信]  

私は今まで素振りを毎日欠かさずやってきました。
オール京急に入り野球が今まで以上に大好きになり、大好きな野球を続けるためには怪我をしない体を作ることが大切だと思い、今は素振り以外にダンベルを持って神社の階段でのダッシュを日課としてやり続けています。

ひとつのことを極める…私はバッティングを極めたいです。
試合に勝つためには打って点数を入れないと勝てません。
打つためには今までやり続けてきた素振りをずっと続けることです。

これからもご指導よろしくお願いします。


[1998] ひとつのことを続ける 投稿者:小山内こころ  投稿日:2017/06/07(水) 22:29 [返信]  

愚直に進んできたヤツには、最終的には間違いなく敵わない。

この言葉を読んで、とても自分で実感することがありました。
小さい頃から野球を続けてきて、小学校の時は女の子なのにすごいね。とかたくさん言われてきて、その言葉を私はそのまま受け止めていました。
だから、小学校の時は家で自主練とか全くと言っていいほどしていなかったです。
でも、中学生になってこのオール京急というチームに入部した時1番に感じたことは、 私なんか。という一言だけでした。
自分は足も遅いし守備範囲も広くはないし、バッティングも目立って打つほうではありません。それは、自分が何もやってこなかったから。当たり前にこの理由が1番大きいと思います。

だからこそ、上の言葉を読んだとき改めて実感することができました。
ひとつの事だけでも、自分にはこれしかない。というものを覚悟をもって続けていきたいとおもいます。



[1997] 「ひとつの事を続ける」 投稿者:松本彩花  投稿日:2017/06/07(水) 22:03 [返信]  

ひとつの事を続ける

浅田次郎さんの文を読んで

私はひとつの事をやり続けることの大切さを知りました。
私はすぐに飽きてしまう性格です。
なので、私は三日坊主になりやすいです。
例えば、勉強に例えると初日は「やり続ける」など勉強頑張るなど思ってたものの2日目,3日目になると勉強をやる意欲を無くしてしまい何日も何日も続きませんでした。
でも、今回の文章を読んで私はやり続けないと意味がないということをおもいました。
ひとつの事を真剣にやり続ければいつか実になること、大きな花になることを願いながら今やってる野球、勉強を頑張っていきたいと思います。

これからもご指導よろしくお願い致します。


[1996] ひとつことを続ける 投稿者:神保萌  投稿日:2017/06/07(水) 20:40 [返信]  

私は浅田次郎の言葉を読んで、ひとつのことを続けることは大事ということが分かりました。
以前の私は、自ら進んで素振りや壁あてなど平日の練習はあまりやっていませんでした。なので試合ではあまり打てず、チームに迷惑をかけていました。
私は試合に絶対に勝つために打てるようになりたい、守れるようになりたい、と思い毎日必ず素振り10回、壁あてもするようになりました。
そしたら試合では打てるようになり、守ってる守備範囲も広くなりました。
この常日頃から素振り10回は卒団するまで2年生で続けていくことです。
これからもひとつのことを続けていきたいです。
今後もよろしくお願いします。


[1995] ひとつのことを続ける 投稿者:三上晴加  投稿日:2017/06/07(水) 19:19 [返信]  

私はひとつのことを続けるを読んで、走攻守全部上手くなろうとするよりも1つずづ伸ばしていくほうが良いことが分かりました。
そうすれば、他のことを気にせずその一つのことに集中できると思います。
集中してやっていれば自然と一生懸命になれると思います。
だから私はこれから、バッティングを磨きたいです。
私は、高めなのにバットが下から出てしまう癖があるのでそこも直せるように頑張ります。
そして、狙って打てるようになりたいです。

これからもご指導宜しくお願いします。


[1994] ひとつのことを続ける 投稿者:鈴木渚  投稿日:2017/06/07(水) 15:46 [返信]  

私は、浅田次郎さんの言葉を読んでひとつの事を続ける大切さを感じました。
私は今まで守備も打撃も両方をスゴく出来るようになろうと家で練習をしていました。でも、両方をたくさんやっていると疲れたりして両方ともの練習を怠ってしまっていました。だから、両方ともあんまり出来ていなかったりすることがよくありました。でも、浅田さんの言葉にはひとつのことに特化したほうがよいとありました。なので、これからは打撃の練習を特に力を入れて頑張っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。



[1993] ひとつのことを続ける 投稿者:片山夕渚  投稿日:2017/06/07(水) 13:43 [返信]  

ひとつのことを続けるを読んで、最初に「若いうちはひとつのことをずっと続けろ」という文を読みわたしはそれは少し違う気がするなと思いました。なぜなら、逆に若いうちだから好きなことをみつけるためにもがいて色んなことをするのではないかなと思ったからです。

確かに、ひとつのことを続けることは難しいし、わたしは小学校から野球を続けているけれど辞めたいと思ったことは何回もあります。そして辞めたいと思っているときはきっと自分に自信がないときなのだと、気づかされました。「ひとつのことを続ける」を読むと今までわたしは人と自分を比べて自分にはできないことを悔しがっていました。でも自分は自分。人は人。自分には自分のできることを1つでも磨くことが大切なんだと分かりました。なので、自分の得意なことをどんどん伸ばしてこれからに繋げていきたいです。


[1992] ひとつのことを続ける 投稿者:北村紫月  投稿日:2017/06/07(水) 08:21 [返信]  

私はこの文章を読んで、ひとつのことを続けるのは大変なんだと感じました。
だからといって、すべてのことをしようと思っても中途半端に終わってしまうと思います。
ひとつのことを続けるのは簡単ではないけれど、ひとつのことを続けて出来るようになりたいです。

そのために私は、回数が少なくても毎日素振りを続けたいと思います。



[1991] 【ひとつのことを続ける】 投稿者:武田涼子  投稿日:2017/06/07(水) 06:29 [返信]  

【ひとつのことを続ける】

浅田次郎さんの文章を読んで感じたことは、ひとつのことを一生懸命続けることの大切さです。

私は1年生までは、素振りを毎日続けてしていませんでした。そのせいで試合でヒットが出ず、チームの足を引っ張ってばかりでした。
それではダメだと思い、2年生になってからは毎日素振りを続けています。
試合でチャンスの時に打てない時が多いので、大きいあたりを狙うのではなく次につなげることを意識し、これからも頑張っていきます。

今後ともよろしくお願い致します。


[1990] 無題 投稿者:高桑 涼  投稿日:2017/06/06(火) 23:05 [返信]  

私はこの文章を読んで、一つに一生懸命になるという大切さを知りました。
人は一回にいくつものことはできないとよく耳にします。
私も素振りをしているときにたくさんの事を意識して振るとあまりいいスイングができないという体験をした事があります。
それ以来、しっかり言われたこと一つ一つ直していくことを意識するようになりました。また、部活でもそうです。自分に足りない事を一つ一つ直していくと競技が上達していくのがわかりました。

なのでこれからはまず、素振りに力を入れ、これまで言われてきたことや自分で気づいたことを一つ一つ直していきたいです。

これからも、よろしくお願いします。


[1989] Re:[1428] ヴィーナスリーグ前半戦を終えて、、、 投稿者:高桑 涼  投稿日:2017/06/06(火) 22:48 [返信]  

> ヴィーナスリーグ、前半戦が終わりました!
>
> 私が印象に残ってる試合は、モンスターレディース戦です。
> 私は、DHで試合にださせてもらい自分なりに考え1つでも先輩の期待に答えられるように頑張ったのを覚えています!
> このことを、先輩に対してだけでなく皆に対して、自分ができることをやってチームに貢献できるようになりたいと改めて思うことができる試合でした!
>
> 最終戦VS LSレディース
>
> 3年生のみんながミスしたときも励ましあいミスをカバーしてあっていたのが印象的です!
> それと同時に、2年生に足りないところはそこだなと感じました。
> 先輩から学べることはたくさんあるので、どんどん見て学びそのことを実戦できたらなと思います!
> LS戦では、代打でださせてもらいものすごく緊張していました。
> その時に、先輩達が声をかけてくれて先輩たちのためにも塁にでなければいけないと強く思いました!
> やっぱり声かけは大切なことだと実感しました!
> ファーボールで先輩に繋げることができ、そのあと逆転勝利をすることができました!
> ほんとに良かったです!
>
> ヴィーナスリーグは、先輩達のプレーがたくさん見れるのでしっかりと学んでいきたいと思います!
>
> 監督、総監督、指導者の方々、保護者の方々、暑い中ですがこれからも宜しくお願い致します!
>
> 感謝を忘れず、常に全力プレーで頑張ります!
>
>
>
>
>
>
>
>


[1988] Re:[1360] ひとつのことを続ける 投稿者:内海愛菜  投稿日:2017/06/06(火) 16:42 [返信]  

私は今までひとつのことを続けると、他がおろそかになってしまうと思い平等にやっていました。しかし、それで両方とも成功したことはなかなかありません。そこで、どちらかの事をやってみようと思いました。でも、片っぽのことをやろうとするとやはり怖くて両方とも中途半端になってしまいました。
そんな時、浅田次郎さんのコトバを読んで気づきました。でも、少し難しかったので、野球で例えてみようと思います。
例えば、守備が苦手なAさんがいます。Aさんは守備が苦手だから毎日毎日練習しようと思います。次の試合であとアウト一つで勝てる場面になりました。そこで、守備が苦手なAさんの努力が実りアウトがとれました。そのチームはその試合に勝つことが出来ました。
つまり、Aさんは守備の技術と同時にそれに対する集中力、勝利を得たことになります。こうして、ひとつのことを続けられる人は得たものをどんどんと自分の物にしていくのだと思います。
だから、私もこれからは中途半端にやるのではなく、怖さを恐れずにひとつのことに夢中になってやっていこうと思います。
これからもご指導宜しくお願いします。


[1987] ひとつのことを続ける 投稿者:丹山萌乃  投稿日:2017/06/06(火) 14:25 [返信]  

私は「ひとつのことを続ける」を読んでひとつのことを続けるのはとても難しいんだなと感じました。
優勝する!と目標立てたって果たせなかったらそれはただの口だけになる。そのために一人一人が必要になってくるのが自分の中で自信があることを極めていく。走・攻・守すべて完璧にするのには時間がかかる。だからひとつずつ極めていくことがいいとおもう。そうすればそれぞれみんなの極めたことその成果が発揮され優勝!へと導かれる。
なので私は、まず守備を極めていきたいと思っています。
いま自分の悪いところ最後までボールをみる、顎を上げない。などひとつずつ頑張って直していきたいと思っています。
自信を持ってプレーできるようになり、指導者の方々、チームみんなに信用される選手になりたいです。
これからもひとつずつ極めていきたいです!
これからも、ご指導宜しくお願いします。


[1986] 無題 投稿者:布施りん  投稿日:2017/06/05(月) 16:43 [返信]  

ひとつの事を続ける」を読んで私は、走・攻・守を極めるのは難しく、ひとつの事を極めた方いい事がわかりました。

なので私は、攻の「バント」を極めたいです。
バントは点を取るためにすごく大切な事だと思うので極めたいと思いました。
バントが100%決まるためには、トスバッティングの時と、バッティングの時にやるバントで、送りバントはピッチャー前に転がらないようにして、セフティーバントでは、ギリギリを狙って練習していきたいです。

これからもご指導宜しくお願いします。


[1985] ひとつのことを続ける 投稿者:松本理歩  投稿日:2017/06/04(日) 19:05 [返信]  

私は毎日素振りをしよう!と思っていても、忘れず毎日出来ていません。これは、たったひとつの事ができていないことになるな。と思いました。口では簡単に言えても、続けることは簡単ではないんだと分かりました。
私は高校の為にも勉強も野球も頑張りたいです。
でも、野球の方に目を向けて、課題が多い守備を特に頑張りたいです。自信を持ってプレー出来るようにひとつの事を極めていきたいです。
これからも、ご指導よろしくお願いします。


[1984] Re:[1360] 無題 投稿者:黒澤英  投稿日:2017/06/04(日) 07:28 [返信]  

浅田次郎さんのコトバを読んで

ひとつのことをやり続けて努力して極めることはすごく難しいことだと分かりました。

野球では走攻守三拍子あってそれを全て極めるのはすごく時間がかかるとおもってます
ですが、今少しでも自分の中で伸びている部分があるならそこをもっと伸ばして、ダメなところを少しでも伸びている部分に追いつくように努力する事が大切だと改めて思いました。

なので、オール京急のこのメンバーで一緒にやれるのはあと少ししかないけど残りわずかの時間の中で全員がひとつの事を極められるのが一番だと思いました。




[1983] 無題 投稿者:小串姫奈  投稿日:2017/06/04(日) 07:25 [返信]  

この文を読んで自分はひとつのことをずっと続けるのはほんとに難しいことなんだなと思いました。
自分は、すぐ諦めちゃうとこがあります。なのでピッチャーとかでもみんなに信頼されるように頑張って日々の練習に励んでいきたいです。そして、ピッチャー以外でもバッティングとかでも打てるようになりたいです。
あと少ししかないけど諦めないでこれからも努力していきたいです。
宜しくお願いします!



[1982] ひとつのことを続ける 投稿者:須田歩美  投稿日:2017/06/04(日) 06:37 [返信]  

私は、この文章を読んで、走攻守すべてのことを極めようとしても、うまくいかないということがわかりました。

自分の自信のあるところを、続けていくことが大事だと思いました。

私は、打者としてたくさんの点を取り、ピッチャーに安心して投げてほしいです。
たとえ、大量得点を取られてしまっても、逆転し、たくさんの勝利を取っていきたいと思います。

そのためには、練習の中のバッティング練習の時に、試合を意識し、ボール・ストライクを見極め、しっかりと自分の振りをしたいと思います。

これからも、よろしくお願いします。


[1981] 【ひとつのことを続ける】 投稿者:藤野由有  投稿日:2017/06/04(日) 05:33 [返信]  

内容を読んで、ひとつのことを続けることがどれだけ大変かを感じました。欲張ってたくさんのものを成功させたい!と思うよりもまず1つのことを極める。その1つのことが自分の武器になるとわかりました。 私は今まで目標や課題と野球で言われた際にたくさんの事を考えてきました。しかし、『ブレイクの瞬間』により自分が1番必要なものは何か、自分は何で勝負するのか。が分かりました。
私の一番の目標は守備範囲を広げることです。守備を極めて、一緒に守っている仲間や投げているピッチャーが安心して任せられるような外野手になりたいです。
日頃の外野ノックや定位置ノックから試合を想定してボールをしっかり捕球し、カットまで生きたボールを返す。基本的なことを意識して、守備を極めていきたいと思いました。


[1980] 無題 投稿者:須田歩美  投稿日:2017/01/22(日) 05:53 [返信]  

下の写真が一年生の目標です。
この目標に向かって頑張っていきます!
これからも、よろしくお願いします。

1980.jpg


[1979] お気に入りの写真です。 投稿者:石渡史歩華  投稿日:2016/12/14(水) 19:18 [返信]  

遅くなりました。

1979.jpg


[1978] 無題 投稿者:内海愛菜  投稿日:2016/12/13(火) 07:41 [返信]  

お気に入りの写真です

1978.jpg


[1977] 無題 投稿者:橋本りこ  投稿日:2016/12/13(火) 07:12 [返信]  

3年間を終えて…

この3年間で自分は今まで野球をやってきてよかったと思うことができました。
そしてたくさんの方に支えてもらいここまでくることができたことに感謝の気持ちでいっぱいです。


1年のとき、練習量が増えて練習について行くのがやっとでした。京急リーグでも負けが多くて、試合に勝つという喜びはあまり味わうことができませんでした。
1年の夏に行った愛媛遠征は今でも心の中に残っています。3年生が全力で球を追いかける姿は本当にかっこよくて今でも憧れの存在です。

2年は自分がいちばん挫折した年でした。なにをどうやっても思うように投げれない、ずっとそんな日が続いていました。そんなときにけがをしてしまい、平塚ではまったく試合に出れず、コーチャーでした。本当に本当に悔しくてぜったいもうけがはしないと思った日でした。この年の夏はすごいしんどくて野球をやめようと思ったこともありました。でも自分は野球が好きだからやめなかった。この経験があったから今があると思っています。
この年の冬、北多摩で自分たちは優勝することができました。すごいうれしくて、優勝することはこんなに嬉しいことなんだと思いました。みんなで掴んだ優勝はこの先ずっと忘れることはないと思います。

3年
本当に楽しく、充実した年でした。
その中で自分が一番印象に残ったのが平塚です。自分はこの大会で最後ということが決まっていたので絶対に勝つという強い気持ちで臨みました。
一試合目、二試合目と順調に勝つことができ、迎えた準決勝のモンスター戦。今までの野球をやってきて一番記憶に残った試合です。結果は負けてしまったけど、悔いはなかったです。全力でプレーすることができました。14期のメンバーと野球がやれて幸せでした。

自分はこれからみんなとは違う道に進みます。みんなが野球をがんばるのと同じくらい自分の目標を実現させるために努力していきたいと思います。


指導者の方々、3年間指導してくださりありがとうございました。京急で3年間野球をやってたくさん成長することができました。技術面だけでなく、あいさつ、礼儀の大切さを学ぶことができました。この3年間は自分の宝物です。これからしっかり自分で決めた道なのでしっかりと過ごしていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

1977.jpg


[1976] 無題 投稿者:黒澤英  投稿日:2016/12/12(月) 23:54 [返信]  

お気に入りの写真です

1976.jpg


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]   
記事No 削除キー

- ClipBoard -
edit : hirayama